熱中症とは

「熱中症」とは、高温多湿な環境下において、体内の水分及び塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、循環調節や体温調節などの体内の重要な調整機能が破綻するなどして発症する障害の総称です。
症状として、めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感、意識障害・痙攣・手足の運動障害、高体温などが現われます。

熱中症の症状と分類

熱中症にはさまざまな症状が現れますので、それぞれに病名がつけられています。

熱失神 暑熱環境下で皮膚血流の著しい増加と多量の発汗とにより、相対的に脳への血流が一時的に減少することにより生ずる立ちくらみが起きる
熱けいれん 汗で失われた塩分が不足することにより生ずる筋肉のこむら返りや筋肉の痛みが出る
熱疲労 脱水が進行して、全身のだるさや集中力の低下した状態をいい、頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐などが起こる
熱射病 「熱疲労」を放置した状態。中枢神経症状や腎臓・肝臓機能障害、さらには血液凝固異常まで生じた状態のことで、普段と違う言動やふらつき、意識障害、全身のけいれん(ひきつけ)などが現れる

ただし、実際の現場では、これらの状態が混在して発生するので、熱中症が発生した時には、重症度にしたがって、下記のように、最近では軽症(Ⅰ度)、中等症(Ⅱ度)、重症(Ⅲ度)に分類しています。

熱中症の症状と分類(『日本救急医学会熱中症分類2015』より)

※横にスクロールします

症状 重症度 治療 臨床症状からの分類

Ⅰ度

(応急処置と見守り)
めまい、立ちくらみ、生あくび
大量の発汗
筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)
意識障害を認めない(JCS=0)
通常は現場で対応可能

→冷所での安静、体表冷却、経口的に水分とNaの補給
熱けいれん
熱失神

I度の症状が徐々に改善している場合のみ、現場の応急処置と見守りでOK

Ⅱ度

(医療機関へ)
頭痛、嘔吐、
倦怠感、虚脱感、
集中力や判断力の低下
(JCS≦1)
医療機関での診療が必要

→体温管理、安静、十分な水分とNaの補給(経口摂取が困難なときには点滴にて) 通常は現場で対応可能
熱疲労

Ⅱ度の症状が出現したり、I度に改善が見られない場合、すぐ病院へ搬送する(周囲の人が判断)

Ⅲ度

(入院加療)
下記の3つのうちいずれかを含む

(C)中枢神経症状(意識障害JCS≧2、小脳症状、痙攣発作)(H/K)肝・腎機能障害(入院経過観察、入院加療が必要な程度の肝または腎障害)
(D)血液凝固異常(急性期DIC診断基準(日本救急医学会)にてDICと診断)⇒Ⅲ度の中でも重症型
入院加療(場合により集中治療)が必要

→体温管理(体表冷却に加え体内冷却、血管内冷却などを追加)呼吸、循環管理DIC治療
熱射病

Ⅲ度か否かは救急隊員や、病院到着後の診療・検査により診断される

日本救急医学会熱中症分類2015:付記

  • 暑熱環境に居る、あるいは居た後の体調不良はすべて熱中症の可能性がある。
  • 各重症度における症状は、よく見られる症状であって、その重症度では必ずそれが起こる、あるいは起こらなければ別の重症度に分類されるというものではない。
  • 熱中症の病態(重症度)は対処のタイミングや内容、患者側の条件により刻々変化する。特に意識障害の程度、体温(特に体表温)、発汗の程度などは、短時間で変化の程度が大きいので注意が必要である。
  • Ⅰ度は現場にて対処可能な病態、Ⅱ度は速やかに医療機関への受診が必要な病態、Ⅲ度は採血、医療者による判断により入院(場合により集中治療)が必要な病態である。そのため、予防が最も重要であることは論を待たないが、早期認識、早期治療で重症化を防げれば、死に至ることを回避できる。
  • 欧米で使用される臨床症状からの分類を右端に併記する。
  • Ⅲ度は記載法としてⅢC、ⅢH、ⅢHK、ⅢCHKDなど障害臓器の頭文字を右下に追記
  • 治療にあたっては、労作性非労作性(古典的)かの鑑別をまず行うことで、その後の治療方針の決定、合併症管理、予後予想の助けとなる。
  • DICは他の臓器障害に合併することがほとんどで、発症時には最重症と考えて集中治療室などで治療にあたる。
  • これは、安岡らの分類を基に、臨床データに照らしつつ一般市民、病院前救護、医療機関による診断とケアについてわかりやすく改訂したものであり、今後さらなる変更の可能性がある。

熱中症者への対応

熱中症が疑われる人を見かけた場合の対応手順を紹介します。その人の状態やその場の環境によりますが、まず下記の手順で応急処置を行いましょう。

①意識を確認する。意識がはっきりしていなければただちに救急隊を要請

②意識がはっきりしている場合は

  • 涼しい場所(エアコンの効いた室内、風通しの良い日陰など)へ避難させる
  • 衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に首の回り、脇の下、足の付け根など)
  • 水分・塩分、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給する自力で水分がとれなければ、ただちに救急隊を要請

熱中症の発生状況(2010~2019年)

厚生労働省が公表した、2019年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)によれば、職場での熱中症による死亡者及び休業4日以上の業務上疾病者の数(以下合わせて「死傷者数」という。)は、2019年に829人となりました。うち死亡者数は25人となっています。記録的な猛暑となった2018年と比べ、死傷者数、死亡者数とも減少となったものの、死傷者数に占める死亡者の割合は高まっており、熱中症による重篤な労働災害が後を絶たない状況にあります。

過去10年間(2010-2019年)の発生状況をみると、年平均で死傷者数 595人、死亡者数24人となっており、2019年の死傷者数は、過去10年間で2018年に次いで多くなっています。

職場における熱中症による死傷者数の推移(2010年~2019年)

※横にスクロールします

(人)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
656
(47)
422
(18)
440
(21)
530
(30)
423
(12)
464
(29)
462
(12)
544
(14)
1,178
(28)
829
(25)

※()内の数値は死亡者数であり、死傷者数の内数である。

熱中症の業種別発生状況(2015~2019年)

過去5年間(2015~2019年)の業種別の熱中症の死傷者数をみると、建設業、次いで製造業で多く発生しており、全体の4割強がこれら2つの業種で発生しています。

2019年は、死亡災害のうち10件が建設業において発生しており、建設業以外の15件では、製造業と警備業が多くを占めています。製造業の内訳は食料品製造業、造船業、紙加工品製造業、ガラス・同製品製造業と多岐にわたっていますが、警備業ではいずれも屋外で、建設・土木工事の交通誘導等に従事していた事例でした。なお、表中その他の内訳は、通信業、公園・遊園地、ゴルフ場、その他の事業でした。

また、死傷災害をみると、過去10年間で初めて建設業よりも製造業の方が多くなっていることが特徴的です。

熱中症による死傷者数の業種別の状況(2015年~2019年)

※横にスクロールします

(人)

業種 建設業 製造業 運送業 警備業 商業 清掃・
と畜業
農業 林業 その他
2015年 113
(11)
85
(4)
62
(1)
40
(7)
50
(0)
23
(2)
13
(1)
8
(0)
70
(3)
464
(29)
2016年 113
(7)
97
(0)
67
(0)
29
(0)
39
(1)
37
(1)
11
(1)
13
(1)
56
(1)
462
(12)
2017年 141
(8)
114
(0)
85
(0)
37
(2)
41
(0)
32
(1)
19
(2)
7
(0)
68
(1)
544
(14)
2018年 239
(10)
221
(5)
168
(4)
110
(3)
118
(2)
81
(0)
32
(1)
5
(0)
204
(3)
1,178
(28)
2019年 153
(10)
184
(4)
110
(2)
73
(4)
87
(1)
61
(0)
19
(0)
7
(0)
135
(4)
829
(25)
759
(46)
701
(13)
492
(7)
289
(16)
335
(4)
234
(4)
94
(5)
40
(1)
533
(12)
3,477
(108)

※()内の数値は死亡者数であり、死傷者数の内数である。

職場における熱中症による死傷災害の特徴(2019年)

1.屋内作業での発症

2019年の死傷災害の26%は明らかに屋内で作業に従事していたと考えられる状況下で発生しています。業種別の屋内災害の割合は、製造業で66%、商業で40%となっており、熱中症は、必ずしも屋外での作業でのみ発症しやすいわけではないことに留意が必要です。

屋内作業においては、炉の近傍や厨房など特定の熱源から近いところでの作業での発生がみられるほか、特定の熱源がない場合も、高温多湿と考えられる室内環境において多く発生しています。室内の冷房設備が故障した又は設定温度を大幅に高くした後に熱中症を発症したとする事例も複数見られました。

熱中症 業種別屋内災害割合2019年(%)

2.熱中症の発症と年齢との関係

年齢階級別に死傷年千人率を計算すると下記の図のようになります。おおむね40歳代から熱中症発症率の高まりが見られ、最も高い55~59歳における死傷年千人率は、最も低い35~39歳の約2倍です。

熱中症 年齢階級別死傷千人率2019年

※死傷年千人率は、死傷者数と雇用者数(「令和元年労働力調査結果」(総務省統計局)による)を用いて算出した。

3.熱中症発症時の衣服

死亡災害のうち、防護服や着ぐるみなど、熱中症発症時に通気性の悪い衣服を着用していた事例も見られました。

4.熱中症の発見の遅れ

倒れているところを発見されたなど、熱中症発症から救急搬送までに時間がかかっていると考えられる事例も複数ありました。警備業などでは同僚ではなく通行人からの通報により救急搬送された事例も見られました。

5.熱中症を原因とする二次災害

熱中症の発症が、二次災害の発生につながる事例も見られました。熱中症により意識を失って転倒し、頭部や肩を強く打った事例、熱中症により高所から墜落した事例、車両の運転中に熱中症を発症し交通事故につながった事例などがあります。これらの事例の中には、相当な高所からの墜落や大型自動車による交通事故など、重篤な災害につながりかねない事例も含まれていました。

2019年の熱中症による死亡災害の事例

※横にスクロールします

番号 業種 年代 気温
注2
WBGT値
注3
事案の概要
1 6 その他食料品製造業 40歳代 25.8℃ 25.1℃ 早朝から工場の調理室において業務に従事し、体調不良による早退のため駐車場に向かったところ駐車場で倒れ、病院に搬送されたが2日後に死亡した。
2 7 道路建設工事業 30歳代 30.9℃ 25.9℃ 道路工事におけるアスファルト舗装工事として、路盤の転圧作業、アスファルト乳剤の散布作業等を行っていたところ、体調が悪くなったためトラックの運転席で休憩させた。意識がなくなったため病院に搬送したが翌日に死亡した。冬用の上着を着用していた。
3 7 警備業 50歳代 32.8℃ 30.0℃ 掘削土砂運搬経路において、堤防上を警備していたが、うつ伏せで倒れているところを通行人に発見された。救急車で病院へ搬送されたが、死亡した。
4 7 公園・遊園地 20歳代 28.7℃ 25.2℃ 遊園地において、午後から断続的に着ぐるみを着用して接客に従事していたが、午後7時30分頃から20分程度ダンス等の練習を行い、練習を終えて控室に戻る途中、自力で歩けなくなった。その後救急搬送された病院で死亡した。
5 7 一般貨物自動車運送業 40歳代 35.3℃ 32.6℃ 荷主先においてトラックの荷台で養生作業を行っていたが、荷台でうずくまっているところを発見された。救急搬送後、同日に死亡した。通気性の良くないインナー、ナイロンジャケット、帽子、マスクを着用していた。
6 7 ゴルフ場 60歳代 32.2℃ 31.3℃ ゴルフ練習場内の草刈作業を行った後、芝刈機の調整作業を行っていた。気分が悪くなり、屋根のある場所で休憩したものの体調が回復しなかったため救急搬送されて入院したが、当日の深夜に容体が急変し、16日後に急性心筋梗塞で死亡した。
7 7 造船業 60歳代 32.8℃ 28.7℃ 造船工場のドックにおいて、船体を高圧洗浄機により洗浄する作業に従事していた。20分間の休憩を取り、作業を再開したが、体調不良を訴えたため作業を中断した。熱中症の疑いがあったため救急搬送したが、同日に死亡した。休憩前の作業においては作業着の上にナイロン製のカッパを着用していた。
8 7 紙加工品製造業 40歳代 35.3℃ 31.0℃ 工場内で、終日製造作業に従事していたが、終業前の清掃作業時に倒れているところを同僚に発見された。救急搬送されたが、翌朝死亡した。
9 8 警備業 70歳代 33.9℃ 32.1℃ 午前中から交通規制に伴う交通誘導業務を行っていたところ、昼過ぎに通行人に路上で倒れているところを発見され、病院に救急搬送されたが、3日後に死亡した。
10 8 警備業 40歳代 32.1℃ 30.0℃ 工事現場で交通誘導員として工事用車両の搬出入の誘導を行っていた。午後2時頃、被災者の体調の異変を感じた同僚が休憩を指示し、休憩所に向かったが、25分後、別の同僚が休憩所へ向かう途中にある公衆トイレの前で倒れている被災者を発見した。その後、救急車で病院に搬送されたが、死亡した。
11 8 その他の建設業・その他 40歳代 30.9℃ 29.5℃ ボーリング作業に終日従事し、作業終了後の片付け作業中、熱中症を発症したため医療機関へ搬送されたが、9日後に死亡した。
12 8 ガラス・同製品製造業 40歳代 32.5℃ 27.1℃ 工場内において、網入りガラスの四方に出ている網をサンダーで飛ばす作業の完了後、次の作業のため、移動台車に載ったガラスを取り出そうとした時、急に気分が悪くなり倒れた。その後、入院加療を続けていたが、2か月後に死亡した。
13 8 土地整理土木工事業 50歳代 30.3℃ 27.7℃ 土地区画整理事業造成工事における施工管理の補助業務を終日実施した後、帰宅する途中で倒れたため、病院に搬送されたが8日後に死亡した。
14 8 一般貨物自動車運送業 40歳代 33.8℃ 31.1℃ 貨物輸送員として、取引先事業場の工場において、重機による積込み作業を行っていたところ、体調を崩し、自ら本社に「手が痺れる」等報告を入れ、トラックで休憩していた。体調不良の連絡を受け、約30分後に同僚が様子を見に行ったところ、トラック内で意識を喪失しているところを発見され、救急隊が到着した際には心肺停止状態であった。救急搬送されるも回復せず死亡した。
15 8 その他の建築工事業 50歳代 32.6℃ 31.5℃ ビニールハウス組立工事にあたり、脚立を利用し陸梁を取り付ける作業を行っていたところ、脚立に座り込み、その後ふらついた状態となった。病院に搬送したところ入院措置となり、17日後に死亡した。
16 8 その他の建築工事業 50歳代 31.9℃ 31.7℃ 鉄骨の荷下ろし作業及び仮締め作業に従事していたところ、嘔吐したため休憩していた。同僚複数で昼食に行った際、食事をせずに車内で待機していたが、車外で意識を失っているところを発見され、医療機関に搬送されたが翌日死亡した。
17 8 その他の建築工事業 40歳代 35.1℃ 31.3℃ 施設の改修工事において、玄関の段差をはつり作業中、動きが鈍くなり同僚の声かけに応答しなくなったため、病院に搬送されたが4日後に死亡した。
18 8 通信業 40歳代 35.9℃ 33.3℃ 配達業務中に路上で倒れているところを発見され、救急搬送されるも翌日に死亡した。
19 8 その他の建築工事業 30歳代 32.8℃ 29.4℃ 午前中に住宅の外壁改修工事の足場解体作業を行い、昼休憩を取った後に解体した足場材をトラックの荷台へ積み込む作業を行っていたところ、具合が悪くなった。近くで休憩させていたがその後駐車場でうずくまっているところを発見され、病院に搬送されたが死亡した。
20 8 新聞販売業 40歳代 29.9℃ 25.3℃ 原付バイクで新聞配達を行っていたが、道路の脇にバイクと共に倒れていたところを、他社の新聞配達員に発見された。搬送先の病院で治療を行ったが、2日後に死亡した。
21 8 その他の建設業・その他 50歳代 32.5℃ 30.2℃ 上水道工事現場において上水道管の引込み作業を行い、午後2時に作業が終了したので自宅に帰宅した。その後、体調が悪くなったため家族が病院に搬送したが死亡した。
22 9 警備業 60歳代 30.0℃ 29.8℃ 高速道路上で通信ケーブル張替敷設工事に係る交通規制作業及び警備業務に従事した。警備終了後の交通規制撤去中、それまで資材車に同乗していた被災者が助手席から降りてこなかったため同僚が様子を確認したところ、助手席で意識を失った状態であった。応急処置の実施後、救急搬送されたものの、5日後に死亡した。
23 9 その他の事業・その他 40歳代 34.3℃ 30.5℃ 同僚と2名で、太陽光発電パネル設置工事の予定場所に自生する希少植物を探し、工事予定エリア外に移植する作業に従事していたが、同僚とはぐれ行方不明になった。捜索を続け、2日後付近の草むらの中で倒れて死亡しているのが発見された。
24 9 木造家屋建築工事業 50歳代 33.9℃ 30.8℃ 建設現場において、コンクリート打設作業を行っていたところ、コンクリート運搬中に倒れたため、救急搬送したが死亡した。
25 10 その他の建設業・その他 40歳代 30.2℃ 28.8℃ アスベスト除去工事のため、所定の防護服を着用して、隔離養生前室内にある廃石綿入りの袋を運んでいたが、体調が悪くなった。作業服に着替えて休憩室で休むよう指示したが、休憩室に向かう途中で倒れているところを発見され、救急搬送されたが死亡した。

(注1)現場での気温が不明な事例には、気象庁ホームページで公表されている現場近隣の観測所における気温を参考値として示した。
(注2)現場でのWBGT値が不明な事例には、環境省熱中症予防サイトで公表されている現場近隣の観測所におけるWBGT値を参考値として示した。